モノ x AI x IoT

量子コンピュータをRaspberry Piで操作してみました

超電導回路方式のゲート型量子コンピュータ「IBM Q」にRaspberry Piから接続し、量子ビットを操作してみました。量子コンピュータには、IBM Q Experienceを介し、quantum-raspberry-tieを使って接続しています。

ゲート型量子コンピュータのプログラミング言語である、アセンブリ言語OpenQASMで記述されたプログラムで量子ビットを制御し、読み出した結果をヒストグラムやSenseHAT(8×8 LEDマトリクス)に表示させています。

動画は、Raspberry PiからIBM Qに接続し、量子ビットを「量子もつれ」の状態にさせる様子です。

量子コンピュータをRaspberry Piで操作

量子コンピュータをRaspberry Piで操作してみました。ゲート型量子コンピュータのプログラミング言語OpenQASMで記述されたプログラムで量子ビットを制御し、その状態をSenseHAT(16ビットLED)で表示させています。

MONOxIT プログラミング&デジタルファブリケーションさんの投稿 2020年9月27日日曜日

量子コンピュータは、量子力学の原理を応用した最新のテクノロジーです。難解な量子力学や高度な数学にもとづいているため、とっつきにくい印象がありますが、実際に動かしてみることで、量子ゲートや量子回路に対する理解が深まり、従来のコンピュータとは全く異なるしくみで動く量子コンピューティングを体感することができます。

ゲート型量子コンピュータにご興味のある方は、弊社のハンズオンセミナー「【量子コンピュータ101】Pythonで量子コンピューティングを体感してみよう!」「【量子コンピュータ101】Raspberry Piを使って量子コンピューティングを体感してみよう!」を是非ご受講ください。

最新記事

  • 超電導回路方式のゲート型量子コンピュータ「IBM Q」にRaspberry Piから接続し、量子ビットを操作してみました。量子コンピュータには、IBM Q Experienceを介し、quantum-raspberry- …

    量子コンピュータをRaspberry Piで操作してみました

  • Raspberry Piに顔認識の学習済モデルを実装して Spotify API で 連携させ、検出した人に紐づいたプレイリストを自動再生させるようにしました。その場にいる複数の人の好みの音楽が反映されたプレイリストを再 …

    顔認識でSpotify~部屋をまたいだ連続再生も

  • これまで500名以上の方が受講されているハンズオンセミナー「IoT入門」をベースにしたコース「【IoT101】知識ゼロから作って学ぶIoT入門」をUdemyで公開しました。 以下のリンクからのお申し込みで、クーポン価格が …

    開講中のオンライン講座とクーポン情報

  • IoTのしくみを使うと、いろいろな方法で電気製品のコントロールをすることができます。スマートホームサーバーからルールベースで赤外線リモコンを操作、スマートスピーカを使って音声操作、AIを使った物体検知をトリガーにした操作 …

    【人工知能 × IoT】モノの位置をスイッチにしてみる

  • 物体検出型人工知能を使って、自動でプッシュするAIスプレーを作ってみました。 Raspberry Piで物体検出型人工知能を稼働させ、ボトルにはサーボモーターを装着。手の形でプッシュ回数を制御します。Raspberry …

    【人工知能 × IoT】AIスプレー~物体検出でスプレーボトルをプッシュ